Go to Contents Go to Navigation

日本の蛮行を告発 韓国与党議員が動画公開

記事一覧 2014.03.03 15:00

【ソウル聯合ニュース】韓国与党、セヌリ党の金乙東(キム・ウルドン)国会議員は3日、日本が朝鮮半島を植民地支配していた時などの蛮行を告発する動画を投稿サイト「ユーチューブ」などに掲載したと明らかにした。

 動画は4分20秒で、朝鮮王朝末期の1895年に王妃だった閔妃(死後に明成皇后)が日本の軍人らに暗殺された事件や1923年の関東大震災時の朝鮮人虐殺、旧日本軍の「731部隊」による人体実験など日本の残虐さを示す内容。英語版も制作中で、日本語や中国語など10言語で配信する予定だ。

 金氏は独立運動家、金佐鎮(キム・ジャジン)の孫娘。先月27~28日には国会の議員会館ロビーで「日帝侵略蛮行写真展」を開いた。写真展は在韓日本大使館前や海外などで巡回開催される。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。