Go to Contents Go to Navigation

現代自動車の2月販売 前月に続き大型セダン好調

記事一覧 2014.03.03 16:22

【ソウル聯合ニュース】現代自動車は3日、2月の韓国内販売台数が5万1380台、海外販売台数が32万7464台で合計37万8844台を販売したと発表した。前年同月比は国内販売が8.2%、海外販売が2.7%増え、全体では3.4%増加した。

旧正月(今年は1月31日)の連休が2月にあった昨年より勤務日数が増えたことに加え、海外市場でも販売が増加したため業績が伸びたという。 

ただ、前月比では販売台数が8.0%減少した。巨大市場の中国で1月末から始まった春節(旧正月)の大型連休により、勤務日数が減少し、現地工場の生産台数が減ったためとみられる。

2月の国内市場で販売台数が多かったのは大型セダン「グレンジャー」だった。ハイブリッドモデル1578台を含む7496台が売れ、前月に続き韓国で最もよく売れた乗用車となった。

同じく大型セダンの新型「ジェネシス」も前年同月比で4倍以上増加した4164台。販売実績の向上を後押しした。 

「アバンテ」(6479台)や「ソナタ」(5083台)、「アクセント」(1875台)など、中型以下のセダンの販売も好調で、スポーツタイプ多目的車(SUV)では「サンタフェ」(6102台)と、「ツーソンix」(3455台)の人気が高かった。 

SUVモデルの全体販売台数は1万763台で、前年同月比22.3%増加し、国内におけるレジャー用車両の人気が高まっていることを証明した。 

商用車では「グランドスターレックス」や「ポーター」など小型商用車は前年同月比6.3%増の1万989台が売れた。中大型バスとトラックを合わせた大型商用車の販売は20.4%増の2530台だった。

海外市場では国内生産分が9万6930台、海外生産分は23万534台が販売された。前年同月比で国内生産分販売は3.3%増、海外生産分販売は2.4%増えた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。