Go to Contents Go to Navigation

韓国の船舶受注量 2カ月連続で世界首位=中国の倍以上

記事一覧 2014.03.05 10:41

【ソウル聯合ニュース】韓国の船舶受注量が中国の2倍以上に上り、2カ月連続で世界首位を維持したことが5日、分かった。

 英クラークソンによると、2月の世界の船舶発注量は304万3049CGT(標準貨物換算トン数)で前年同月比19.5%増加した。

 世界造船市場が活況を呈しており、韓国の受注量増加やシェア上昇も著しい。韓国の造船会社の受注量は139万2107CGTで同19.9%増加した。58万9975CGTにとどまった中国の2倍以上。シェアも45.7%と、世界の船舶発注量の半分近くを占めた。

 1~2月の累計受注量も韓国が313万1387CGTで、中国(232万5455CGT)より34.7%多かった。

 先月の韓国の受注額は33億9600万ドルで、中国(10億5200万ドル)の3.2倍に達する。

  韓国の造船業界が好調なのは多様な船種を製造できる競争力を備えているためとみられる。

 世界造船市場が次第に不況から脱し、ドリルシップをはじめとする特殊船舶を含めさまざまな形態の船舶が発注されているが、ばら積み貨物船(バルク船)やオイルタンカーなどの受注が集中する中国の造船会社より韓国の造船会社が多様化した需要に対応できる力を備えている。

 業界関係者は「韓国の造船会社は高付加価値船舶の製造技術をはじめ、さまざまな船舶を製造できる能力を備え、世界市場で好業績を残している」と話している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。