Go to Contents Go to Navigation

陸軍士官学校生の飲酒、喫煙など容認検討へ=韓国

記事一覧 2014.03.09 15:21

【ソウル聯合ニュース】韓国の陸軍士官学校生も今後、校外では飲酒、喫煙などが認められる見通しだ。

 陸軍高官は9日、「法的基準と時代的状況、生徒の教育目的を踏まえ、制度の改善を検討している。校内、公務遂行、制服着用時には禁じられるが、そのほかでは認める方針」と説明した。

 同方針が確定すれば、陸軍士官学校が設立された1952年以来初めて、厳格に維持されてきた禁酒、禁煙、禁婚の「3禁制度」が大幅に緩和されることになる。

 改善案によると、生徒は依然、結婚はできないが、承認を得れば婚約は可能だ。校外では道徳的、法的に問題がなければ、性行為も認められる。また、公式行事に出席したり、制服を着用したりした場合でなければ、飲酒と喫煙が認められる。 

 現行の陸軍士官学校規定は校内外を問わず、性行為と喫煙を一切禁じている。飲酒は学校長の承認がある行事など、ごく一部の場合だけ認められている。

 陸軍は12日に保護者や予備役らが出席する公聴会で意見を集約し、「3禁制度」の改善案を確定する方針だ。

 陸軍関係者は「これらの規定は人権と社会的流れを踏まえ、現実的かつ具体的に反映する」と話した。

 同改善案は海・空軍士官学校にも適用される可能性が高いとみられる。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。