Go to Contents Go to Navigation

韓国哨戒艦沈没事件から4年 追悼式で「強力な安保」強調

記事一覧 2014.03.26 15:28

韓国哨戒艦沈没事件から4年 追悼式で「強力な安保」強調

哨戒艦沈没事件から4年 海軍が訓練実施
哨戒艦沈没事件から4年 海軍が訓練実施

韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事件から26日で4年になることを受け、海軍は黄海上で大規模な機動訓練を実施した。訓練中のイージス駆逐艦「世宗大王」=23日、平沢(聯合ニュース)
(END)

【ソウル聯合ニュース】韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事件から丸4年を迎える26日、同事件で犠牲となった46人を追悼する式典が中部の国立墓地「大田顕忠院」で開かれた。式典には犠牲者の遺族や鄭ホン原(チョン・ホンウォン)首相ら政府関係者、一般市民など約5000人が参列した。

 哨戒艦は2010年3月26日、海上の軍事境界線と位置付けられる北方限界線(NLL)に近い黄海の白ニョン島南西2.5キロ沖で北朝鮮の魚雷攻撃を受け沈没、乗組員104人のうち46人が死亡した。

海軍哨戒艦沈没事件から4年
海軍哨戒艦沈没事件から4年

韓国海軍哨戒艦「天安」の沈没事件から丸4年を迎え、犠牲者の墓地がある国立大田顕忠院で追悼式が行われた。亡くなった息子の名前を呼び泣き崩れる遺族たち=26日、大田(聯合ニュース)
(END)

 ドイツを国賓訪問中の朴槿恵(パク・クネ)大統領は追悼のメッセージで「国のための崇高な犠牲に敬意を表する」とし、遺族にねぎらいの言葉を贈った。また、「強力な安保の支えがない平和は砂上の楼閣にすぎない」と強調。軍に対し、強固な安保態勢を整え北朝鮮の挑発の可能性を未然に防ぎ、挑発する場合は断固として対応するよう呼び掛けた。朴大統領は就任直後だった昨年の追悼式には参列したが、今年は出席できなかった。

 鄭首相は追悼の辞を述べ、「強固な安保が何より重要なことは強調するまでもない」とした上で、「悲劇が二度と起こらないよう、安保態勢を点検し、固い決意を持たなければならない」と力をこめた。 

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。