Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮ミサイル 日本防空圏内の海上に落下=韓国軍筋

記事一覧 2014.03.26 15:49

【ソウル聯合ニュース】韓国軍の消息筋は26日、北朝鮮が同日未明に発射した「ノドン」とみられる中距離弾道ミサイル2発はいずれも日本の防空識別圏内の海上に落下したと明らかにした。2発はそれぞれ662キロと645キロを飛行したという。

 弾道ミサイルは平壌の北方から東に向けて発射され、日本防空圏の約10キロ内側に落ちた。

 同筋は「北朝鮮は今回も航行禁止区域を設定せずミサイルを発射した」と指摘し、「発射前後にミサイルの軌跡周辺を飛行した航空機はなかったが、航行禁止区域を設定しないのは国際義務違反」と述べた。

 北朝鮮が3日に発射した弾道ミサイルも約500キロを飛行し、日本の防空圏内の海上に落下した。4日に新型の300ミリ多連装砲を発射した際は成田発瀋陽行きの中国南方航空機が砲弾の軌道の下を約7分後に通過した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。