Go to Contents Go to Navigation

巨大野党誕生 安哲秀氏が共同代表に=韓国

記事一覧 2014.03.26 17:45

【ソウル聯合ニュース】韓国で最大野党民主党と2012年末の大統領選挙で無党派旋風を巻き起こした無所属の安哲秀(アン・チョルス)国会議員が率いる政治勢力・新政治連合が合併した「新政治民主連合」の結党大会が26日、ソウル市内で行われた。130議席を有する巨大野党が誕生することになる。与党セヌリ党の議席数は156議席。

 大会では金ハンギル民主党代表と安氏が共同代表に選出された。安氏は昨年4月の補選で議員に当選してから1年足らずで最大野党の代表となった。

 安氏は「国民にした約束だけでも必ず守る」と強調。朴槿恵(パク・クネ)大統領に対し、「野党と対話し、協議してほしい。民生と国益には積極的に協力する準備ができている」と呼び掛けた。金氏は「6月の統一地方選で勝利し、政権交代に向けて前進したい」と覚悟を示した。

 新政治民主連合は党綱領で強固な安全保障や韓米同盟を強調する一方、南北共同宣言などの継承を表明した。左派勢力に中道・保守勢力を合わせる「統合の政治」を目指す方針。

 6月4日に投開票される統一地方選はセヌリ党と新政治民主連合の事実上の一騎打ちになる見通しだ。ただ、合併を急ぎ、公認候補擁立などをめぐる立場の相違があるほか、民主党派内の派閥争いなどの懸念材料も抱えている。

 次期大統領の有力候補と目される安氏が新党を率いることになり、前回の大統領選で野党統一候補だった文在寅(ムン・ジェイン)氏など大統領選に向けた有力候補との対決が本格化しそうだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。