Go to Contents Go to Navigation

米国と合同上陸訓練 93年以降で最大規模=韓国

記事一覧 2014.03.27 11:24

【ソウル聯合ニュース】韓国軍消息筋は27日、韓米両軍が同日から4月7日まで、韓国南東部の浦項で恒例の大規模合同上陸訓練を実施すると明らかにした。

 米国から海兵隊7500人と海軍2000人、韓国から海兵隊2000人と海軍1000人の計1万2500人が参加する。沖縄の米軍普天間基地に配備されている垂直離着陸輸送機オスプレイは22機が投入される。昨年は4機が参加した。今年の訓練は1993年まで行われた韓米合同軍事演習「チームスピリット」以来、最大規模とされる。韓国軍関係者は「米海兵隊が朝鮮半島をアジア太平洋の最重要地域と位置づけているため」と説明した。

 訓練は有事を想定した朝鮮半島防衛のための野外機動訓練「フォールイーグル」の一環。両軍が上陸用装甲車に搭乗して海上から海岸に上陸する訓練や、オスプレイや輸送ヘリなどで兵士らを上陸させる訓練などが行われる。

 韓米連合司令部は31日、上陸訓練の様子をメディアに公開する。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。