Go to Contents Go to Navigation

4Kテレビ向けパネルの世界シェア急速に拡大=韓国

記事一覧 2014.03.28 08:03

【ソウル聯合ニュース】韓国企業が一時主導権を奪われていたフルハイビジョン(HD)の約4倍の解像度を持つ4Kテレビ向けのパネル市場でシェアを急速に拡大している。

 米調査会社ディスプレイサーチが28日までに明らかにした資料によると、2月現在、出荷量基準における4Kテレビ向けの液晶パネル(LCD)世界シェアは、サムスンディスプレーが21.9%で2位、LGディスプレーが11.3%で4位を記録した。

 台湾の群創光電(イノラックス、旧奇美電子)が40.2%で1位、同じく台湾の友達光電(AUO)が12.6%で3位となった。中国のチャイナスターが11.3%で同率4位、日本のシャープが2.5%で後に続いた。

 国・地域別では韓国が33.2%で、台湾(52.8%)を追っている。昨年7月の時点では、韓国の世界シェアは6.2%にすぎず、85.3%の台湾とは差が大きかったが、韓国はその後7カ月でシェアを5倍以上に引き上げ、台湾は3分の2に減らした。

 ディスプレイサーチは先週韓国で開かれたディスプレー産業会議で今年の4Kテレビ向けパネル市場の規模が昨年の300万台から今年は7倍の2100万台以上に成長すると予想した。

 業界は、このうち600万~900万台を韓国企業が生産するとみている。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。