Go to Contents Go to Navigation

韓国製の軽攻撃機FA50 フィリピンに12機輸出

記事一覧 2014.03.28 12:00

【ソウル聯合ニュース】韓国防衛事業庁と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は28日、フィリピン空軍の多目的戦闘機購入事業を韓国航空宇宙産業(KAI)が受注したと発表した。政府間取引(G2G)として韓国製の軽攻撃機「FA50」を12機輸出する。

 輸出契約は総額4億2000万ドル(約429億円)規模で、契約発効から3年2カ月以内に引き渡しを完了する。

 FA50はKAIと米ロッキード・マーチンが共同開発した高等練習機T50を軽攻撃機に改造したモデル。全長13.13メートル、最高速度マッハ1.5で、最大4500キロの武装搭載が可能だ。

 今回の事業ではスウェーデンやイタリア、ロシア、英国などと競合したが、KAIと韓国空軍はFA50の利点を積極的に売り込んだ。昨年11月、フィリピンの甚大な台風被害に対する韓国政府の復旧支援も受注の成功につながったとされる。

 T50系の輸出は2011年のインドネシア(16機)、昨年のイラク(24機)向けに次いで3例目。KAIは米国やボツワナ、アラブ首長国連邦(UAE)、タイ、ペルーなどにも輸出を働きかけている。

 T50系1機当たりの輸出による経済効果は中型自動車1000台相当とされる。KAIによると、米国からの練習機受注に成功すれば今後1000機の輸出も見込める。1000機を輸出した場合、32兆ウォン(約3兆600億円)の産業波及効果と延べ17万人の雇用創出効果が期待されるという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。