Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 日本大使呼び抗議=独島記述の教科書検定で

記事一覧 2014.04.04 18:31

【ソウル聯合ニュース】独島に対する領有権主張を強めた日本の小学校教科書の検定結果と、独島を日本固有の領土と明記した外交青書の公表を受け、韓国外交部の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官は4日午後、別所浩郎駐韓日本大使を呼び、日本の不当な主張に対し厳重に抗議した。正しい歴史認識を持つよう促した後、韓国政府の立場を伝える外交文書を伝達した。

 韓国外交部は同日午前に報道官声明を発表し、「2010年より独島に対する挑発を強めた小学校教科書の検定通過を強く糾弾する」と非難。「安倍晋三首相はわずか3週間前、国会で歴代内閣の歴史認識を継承すると言明したが、小学生にも帝国主義の侵奪の歴史を歪曲(わいきょく)、隠ぺいする教育を実施することは自らの約束に反し、未来の世代を国際社会から孤立させるということを肝に銘じなければならない」と指摘した。

 同部はまた、外交青書の公表についても、「わが固有の領土である独島に対しまたしてもとんでもない主張を繰り返したことに、強い遺憾の意を表明する」との報道官声明を発表。「韓日関係はもちろん北東アジアの平和と安定にも深刻な損傷を招くという点を、日本政府はしっかり認識しなければならない」と強調した。

 一方、韓国政府は外交ルートを通じ、日本に対し第3期となる歴史共同研究のスタートを促していると伝えられた。 

 韓日両国は2001年の韓日首脳会談の合意により、2002年に歴史共同研究をスタートさせ、2010年には2期報告書が公開された。しかし、その後は日本が消極的対応をみせ、3期共同研究は進行されずにいる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。