Go to Contents Go to Navigation

韓国造船業界 3月受注量が急減=中国に首位譲る

記事一覧 2014.04.06 11:31

【ソウル聯合ニュース】今年に入り受注量が中国を上回っていた韓国造船業界の3月の受注実績が大幅に悪化したことが6日、分かった。ただ、1~3月期の受注量は前年同期比で増加したほか、今年の世界の造船業界は成長が続くと見込まれ、見通しは悲観的ではないとの見方が多い。

 造船・海運調査会社の英クラークソンによると、3月の韓国造船会社の船舶受注量は計43万4774CGT(標準貨物船換算トン数)となり、前年同月比で70.1%減少した。一方で、中国は世界の発注量の54.9%に当たる104万8306CGTを受注し、首位に返り咲いた。韓国のシェアは22.8%となり、2位にとどまった。9.1%の日本が続いた。

 韓国の1~3月期の受注量は403万3622CGTとなり、37.4%のシェアを獲得した。中国は429万5319CGTで、39.8%を占めた。ただ、韓国の受注量は前年同期比で19.1%増加、シェアは5.8ポイント上昇した。

 世界的なエネルギーの需要増に伴い、今年も海洋エネルギー開発事業が拡大している。このため韓国の造船業界の業績は回復するとみられる。昨年4~6月期以降、プラントを含む船舶価格の上昇が続いており、今年は収益性の改善も見込まれる。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。