Go to Contents Go to Navigation

キム・ヨナの五輪採点めぐりISUに提訴=韓国

記事一覧 2014.04.16 16:10

【ソウル聯合ニュース】ソチ冬季五輪のフィギュアスケート女子でキム・ヨナが2位となった採点をめぐり、国際スケート連盟(ISU)が韓国の大韓体育会と大韓氷上(スケート)競技連盟による訴えを受理した。

 大韓氷上競技連盟の関係者は16日、「提訴に関する書類を10日に発送し、ISUから受理したとの連絡を受けた」と明らかにした。大韓体育会は先月、フィギュアスケート女子の審判団の構成に関する異議をISUに訴えることを決めたと明らかにしていた。

 ISU懲戒委員会のワルデック委員長も同日、ドイツのDPA通信とのインタビューで提訴について語った。提訴内容がISUに決定権があるのかスポーツ仲裁裁判所(CAS)で決定すべきか3週間以内に判断しなければならないと説明した。

 キム・ヨナはソチ五輪でほぼミスのない演技を披露し自己3番目の記録となる合計219.11点を獲得したものの、ショートプログラム(SP)で2位だったアデリナ・ソトニコワ(ロシア)がフリーの演技でジャンプのミスがあったにもかかわらず224.59点で逆転優勝し、採点に疑問の声が上がっていた。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。