Go to Contents Go to Navigation

素材・部品輸出好調 対日依存度も過去最低=韓国 

記事一覧 2014.04.17 14:45

【ソウル聯合ニュース】韓国の素材・部品輸出が好調だ。対日輸入依存度も低下している。

 1~3月期の素材部品輸出額は648億8000万ドル(約6兆6126億円)、輸入額は404億4000万ドル、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は244億4000万ドルの黒字となった。産業通商資源部が17日、発表した。

 輸出額は前年同期比2.1%増加し、全産業の輸出額の47.0%を占めた。輸入額は前年同期比横ばい。黒字額は全産業の貿易収支黒字の4.3倍に達する。同部は今年、素材・部品の年間黒字が初めて1000億ドルを突破すると予想している。

 欧州、米国など先進国の景気回復に伴い一般機械部品(6.7%)、電子部品(6.8%)、輸送機械部品(3.0%)など部品を中心に輸出が増加した。

 素材・部品の対日貿易収支は38億2000万ドルの赤字だったが、赤字幅は5四半期連続縮小した。対日輸入依存度は18.1%で四半期ベースで過去最低となった。依存度が20%を下回ったのは初めて。

 同部は、韓国の素材・部品の競争力向上や輸出先の多角化が対日依存度低下につながったと説明した。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。