Go to Contents Go to Navigation

韓国旅客船沈没 船内進入に成功=酸素注入も開始

記事一覧 2014.04.18 12:05

【ソウル聯合ニュース】韓国南西部の珍島沖で起きた旅客船沈没事故で、事故から3日目となる18日、ようやく船内に進入する通路が確保された。船内への酸素注入も始まった。

 中央災難(災害)安全対策本部関係者は「きょう午前10時5分現在、潜水要員が船内の食堂まで進入通路を確保した」と明らかにした。事故から49時間が経過しての通路確保となる。10時50分からは酸素注入も開始したという。

 食堂は船の3階に位置し船尾と船首の中間にある。同じ階には客室やカラオケ、コンビニなどがある。

 生存者は発見されていないもよう。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。