Go to Contents Go to Navigation

朴大統領 ずさんな安全管理システムに激怒

記事一覧 2014.04.21 12:14

【ソウル聯合ニュース】韓国・全羅南道の珍島沖合で旅客船「セウォル号」が沈没した事故で、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は20日、首席秘書官会議を主宰し、政府の対応などを含むずさんな安全管理システムを指摘した上で、一点の疑惑も残さず徹底かつ迅速に捜査するよう強く指示した。

 また、事故船の船長や乗組員らが乗客救助をせず脱出したことに言及し、「常識的に到底納得できず、殺人のような行為」と厳しく非難。事故と関連した責任者全員に対し、民事・刑事上の責任と問うべきだとした。

 現場の対策本部には遺族や不明者の家族らのため、最後までベストを尽くすよう求めた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。