Go to Contents Go to Navigation

オバマ大統領の訪韓 沈没事故への協力が最重要事項

記事一覧 2014.04.22 08:34

【ワシントン聯合ニュース】米ホワイトハウスのローズ大統領副補佐官は21日(現地時間)の記者会見で、25日~26日に予定されているオバマ大統領の韓国訪問について、「旅客船沈没事故が大きな部分を占める」」とした上で、「訪韓期間中に犠牲者の家族や韓国国民に協力できる方策を考えている」と述べた。

 ローズ氏は、オバマ大統領が韓国の困難な状況に対し、米国の海軍と災害救助チームなどを動員し、必要な支援を行うよう指示したことを明らかにした。

 一方、訪韓中の韓米首脳会談で主要議題になる北朝鮮問題に関しては、米国は北朝鮮との対話の窓を閉じておらず、交渉を継続していくとの考えを示した。その上で、「(北朝鮮が)非核化の約束を守るという誠意を見せれば(対話は)可能だ」と述べた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。