Go to Contents Go to Navigation

朴大統領支持率 大幅に下落=旅客船沈没事故の影響か

記事一覧 2014.04.24 13:26

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が急落していることが24日、分かった。南西部で起きた旅客船沈没事故の韓国政府の対応に国民が不信感を募らせていることが響いたものとみられる。

 韓国世論調査会社のリアルメーターの代表は自身の短文投稿サイト「ツイッター」で、朴大統領の支持率が事故の行方不明者の家族らが待機している珍島の室内体育館を訪問した直後の18日に71%まで上昇したが、21日は67.0%、22日は61.1%、23日は56.5%に落ち込んだと明らかにした。同代表は「政府の危機管理能力に対する国民の不満が強まり、(支持率が)下落したようだ」と分析した。

 同社は毎週月曜日に世論調査結果を発表しているが、代表が自身のツイッターで中間調査結果を公開するのは異例だ。

 同社が14~18日に全国の成人2500人を対象に世論調査を行い、21日に発表した朴大統領の支持率は64.7%で、先週より1.6ポイント上昇していた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。