Go to Contents Go to Navigation

沈没事故の遺族代表「朴大統領の謝罪は謝罪ではない」

記事一覧 2014.04.29 20:18

【安山聯合ニュース】韓国旅客船「セウォル号」沈没事故の犠牲者遺族による対策会議は29日午後、ソウル近郊の京畿道安山市で記者会見を開き、朴槿恵(パク・クネ)大統領が同日の閣議で事故について謝罪したことに関連し、「非公開の謝罪は謝罪でもない」と批判した。

 朴大統領が閣議前に同市内に設けられた政府の合同焼香所を訪問したことについても、遺族側は「広告を撮りにきたようだった。実践も実行もない謝罪は謝罪ではない」と非難した。

 その上で事故の正確な経緯や真相の究明を政府に正式に要請した。

 また、葬儀や追悼公園について協議することよりも、まずは捜索に全力を挙げるよう求めた。事故海域近くの港で待機している行方不明者家族に対する支援策を示さない政府や関係機関の責任を問うべきだとも指摘した。

 会見終了後には事故で亡くなった生徒が家族に向けて残した動画2本を公開した。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。