Go to Contents Go to Navigation

韓国沈没船 運航会社実質オーナーに出頭命令

記事一覧 2014.05.13 15:51

韓国沈没船 運航会社実質オーナーに出頭命令

旅客船沈没事故で追悼と抗議集会
波浪注意報解除 潜水士ら事故海域へ
行方不明者家族待つ体育館 閑散

【仁川聯合ニュース】韓国南西部の珍島沖で起きた旅客船セウォル号の沈没事故で、同船の所有者の不正を捜査している仁川地検特別捜査チームは、運航会社・清海鎮海運の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏に対し、16日午前10時までに出頭するよう命じたことを明らかにした。兪氏は被疑者として取り調べを受けるという。

 検察関係者は「検事の正当な出頭要請に応じるのは国民の当然の義務」と述べた上で、社会的地位のある兪氏が出頭するのは当然との考えを示した。

 検察は兪氏が特別な理由なく出頭命令に応じない場合、逮捕状を取るなどして身柄を確保する方針だ。

北朝鮮紙 沈没事故関連写真を多数掲載

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。