Go to Contents Go to Navigation

4月の輸出入物価下落 ウォン高の影響=韓国

記事一覧 2014.05.14 06:00

【ソウル聯合ニュース】ウォン高の影響で4月の韓国の輸出物価が6年3カ月ぶりの低水準となった。

韓国銀行(中央銀行)が14日に発表した輸出入物価指数(2010年を100とする)によると、先月の輸出物価指数は88.33で、先月比2.5%下落した。これは2008年1月(88.03)以来の低水準。

輸出企業が同じ商品を売って手にいれる金額が韓国ウォンで換算すると平均2.5%減ったことを意味し、採算性が悪化したとみることができる。 

ウォンの対ドル相場が、4月は1ドル=1044.55ウォンと前月比2.5%上昇し、輸出物価を下げた。  

ドルの契約通貨ベースでは先月比0.1%下落した。

品目別では、テレビ用液晶パネル(マイナス4.5%)、フラッシュメモリー(マイナス4.2%)など、半導体・電子表示装置の輸出物価指数が前月比3.3%下落し、下げ幅が最も大きかった。化学製品は2.8%、第1次金属製品は2.6%下落した。 

輸出物価指数は前年同月比では7.3%下落した。 

輸入物価指数は97.13となり、2010年4月(97.06)以来の低水準となった。やはりウォン高の影響が大きい。 

輸入物価が下がれば、後に国内物価下落の要因として作用する。

品目別では天然ゴム(マイナス6.1%)、鉄鉱石(マイナス6.0%)、プロパンガス(マイナス12.2%)、メタノール(マイナス10.4%)など、石炭・石油製品や化学製品の輸入物価も下落した。   輸出入物価がともに2カ月連続で下落する中、ウォン高の勢いは今月に入り、さらに強まっている。

13日のウォンの対ドル相場は1ドル=1022.1ウォンとなり、終値基準としては2008年8月7日(1ドル=1016.5ウォン)以来の高値となった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。