Go to Contents Go to Navigation

韓国旅客船沈没 対応遅れた海洋警察への監査開始

記事一覧 2014.05.14 17:52

【木浦聯合ニュース】韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、監査院は14日、初動対応の不手際が指摘されている海洋警察庁に対する監査に着手した。

 監査院は海洋警察庁から提出を受けた事故発生当日(4月16日)の初動対応や救助過程に関する資料を分析している。監査は来月2日まで行われる

 海洋警察庁は事故当日、通報を受けてから警備艇が現場に到着するまで時間が掛かった上、船内の乗客を1人も救助できなかったことで非難を受けている。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。