Go to Contents Go to Navigation

韓国沈没船運航会社オーナー 検察の聴取要請を拒否

記事一覧 2014.05.16 11:44

韓国沈没船運航会社オーナー 検察の聴取要請を拒否

北朝鮮紙 沈没事故関連写真を多数掲載
船沈没事故犠牲者の遺体を移送
「先生の日」 悲しいカーネーション

【仁川聯合ニュース】韓国の旅客船セウォル号沈没事故で、同号を運航していた清海鎮海運の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏(73)が検察の聴取要請に応じなかった。検察は兪氏に対し、16日午前10時までに出頭するよう要請していた。

 検察は逮捕状の請求など強制措置を取る方針だ。兪氏が身を隠しているとされる京畿道・安城の宗教施設「クムス院」の強制捜索も検討している。同院は兪氏が創設したキリスト教系新興教団の施設で、公権力の行使を阻止するため、約1000人の信者が集まっている。

 兪氏は長男のデギュン氏らを代表に立てて数十社の系列会社を実質的に経営し、数百億ウォン(数十億円)を横領、脱税した疑いが持たれている。清海鎮海運の経営にも関与したとされる。

事故海域付近の港に仮設住宅設置へ

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。