Go to Contents Go to Navigation

沈没船運航会社オーナーの令状請求=韓国検察

記事一覧 2014.05.16 15:30

沈没船運航会社オーナーの令状請求=韓国検察

船沈没事故犠牲者の遺体を移送
「先生の日」 悲しいカーネーション
不明者待つ家族に仮設住宅

【仁川聯合ニュース】韓国旅客船セウォル号の沈没事故で、同船の運航会社・清海鎮海運の実質的なオーナー、兪炳彦(ユ・ビョンオン)氏一家の不正について調査している仁川地検特別捜査チームは16日、横領、背任、脱税の容疑で兪氏とその長男デギュン氏に対し逮捕に向けた令状を請求したと明らかにした。

 検察関係者は、兪氏の長男が姿をくらますなど、これまでの捜査状況や、兪氏が会長を務めていた系列会社社員に対する影響力などを考慮し、兪氏が逃亡、証拠隠滅の恐れがあると判断。令状を請求したと明らかにした。

 検察は兪氏に対し、16日午前10時までに出頭するよう要請していたが、兪氏はそれに応じなかった。

無事生還願う黄色いリボン

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。