Go to Contents Go to Navigation

士官学校の退学処分「性行為は理由にならず」=韓国最高裁

記事一覧 2014.05.16 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国陸軍士官学校の学生が週末の外泊時に恋人と性行為に及んだという理由などで退学処分にした学校側の措置は違法であり、取り消しを命じるとの判決が確定した。

 大法院(最高裁)は16日、陸軍士官学校から退学処分を受けた男性が学校を相手に起こした退学処分取り消し訴訟の上告審で、原告勝訴とする原審の判決を確定させた。 

 大法院は、あらゆる性関係を禁止するのは過剰であり、憲法で保障された一般的行動の自由、性的自己決定権および私生活の秘密や自由などを侵害すると指摘。また、原告の行為が軍規を乱したとする根拠がないと説明した。

 原告の男性は結婚を前提に交際中の恋人と性行為をしたが、これを自発的に報告しなかったなどという理由で2012年11月に退学処分を受けた。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。