Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮が異例の報道 高層マンション崩壊「相当数死亡」

記事一覧 2014.05.18 10:00

【ソウル聯合ニュース】韓国政府関係者は18日、平壌で13日に建設中の23階建てマンションが崩壊したことを明らかにした。北朝鮮では建物の完成前に入居するのが一般的で、マンションには92世帯が住んでいたと推定されるという。同関係者は「マンションの崩壊で相当数が死亡したと思う」と述べた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、手抜き工事と監督不行き届きにより、平壌で住宅の崩壊事故が起き、人命被害が出たと報じた。生存者の救助と負傷者の治療のため、非常対策本部を設置。崔富一(チェ・ブイル)人民保安部長などの幹部らが17日、事故現場で遺族と面会し謝罪したと伝えたが、具体的な事故の経緯や死傷者数などは明らかにしなかった。

 内部の事件と事故を公開しない北朝鮮が崩壊事故を発表し、幹部が遺族に謝罪したことを公表するのは極めて異例。韓国旅客船セウォル号の沈没事故を踏まえ、北朝鮮当局が住民の生命と生活を重視していることをアピールする狙いがあるとの指摘が出ている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。