Go to Contents Go to Navigation

臨時国会召集 旅客船事故対策など議論=韓国

記事一覧 2014.05.19 09:07

【ソウル聯合ニュース】韓国国会は19日、旅客船セウォル号沈没事故の対策などを議論するための臨時国会を召集した。会期は1カ月間。

 国会の企画財政委員会は全体会議を開き、玄オ錫(ヒョン・オソク)経済副首相(企画財政部長官)らから事故への支援対策などについて報告を受けるほか、災害・安全関連予算について点検する。

 保健福祉委員会は文亨杓(ムン・ヒョンピョ)保健福祉部長官から事故現場で行われた医療支援などについて報告を受ける。救助者や犠牲者の遺族、事故地域の住民らを対象にした心理相談、犠牲者の葬儀支援などについても議論する。

 与野党の院内代表は15日の会合で臨時国会を開くことで合意。20日の本会議で事故に関する国政調査要求書を報告し、20~21日には緊急懸案質疑を実施。27日に国政調査計画書を処理することにした。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。