Go to Contents Go to Navigation

ダウムとカカオ合併へ ネット勢力図に変化も=韓国

記事一覧 2014.05.26 09:58

【ソウル聯合ニュース】ポータルサイト韓国2位のダウムコミュニケーションとモバイル端末向けメッセージアプリの韓国最大手カカオが26日、合併を発表した。10月1日付で新会社「ダウムカカオ」が発足する。

 時価総額3兆ウォン(約2980億円)超と、韓国店頭株式市場コスダックで2位規模の大型IT企業が誕生することになる。ポータルとモバイル市場の勢力図にも大きな影響を及ぼしそうだ。

 両社は23日にそれぞれ取締役会で合併を決議した後、合併契約を結んだ。8月の株主総会で承認を得る。合併比率はダウム1に対しカカオ1.556とする。従業員数は約2200人となる見通し。新会社はダウムとカカオの独自性を当面維持する一方で、共通部門と相乗効果が期待される部門から順次統合を進める計画だ。

 合併は2社の強みを統合し、急変する市場で競争力を最大限引き上げることが目的。

 ダウムの崔世勲(チェ・セフン)代表は「カカオの強力なモバイルプラットフォーム競争力と、ダウムが保有する優れたコンテンツ、サービスビジネスのノウハウ、専門技術を結びつけることで最上の相乗効果を生み出せる」と話した。カカオの李碩祐(イ・ソクウ)代表は「モバイルをはじめ、ITの全領域にわたるコミュニケーション・情報・生活プラットフォーム事業者に成長していく」と強調した。

 両社は26日午後、ソウル市内で共同記者会見を開く予定だ。 

 ダウムコミュニケーションは1995年設立。インターネットの登場とともにフリーメールやインターネットコミュニティ、検索など、韓国のネット市場をリードしてきたが、最近はポータル「ネイバー」に押されている。

 2006年設立のカカオは、メッセージアプリ「カカオトーク」でモバイル向けプラットフォームのけん引役に浮上した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。