Go to Contents Go to Navigation

韓国沈没船オーナーの長女 逃亡先のフランスで検挙

記事一覧 2014.05.27 18:44

韓国沈没船オーナーの長女 逃亡先のフランスで検挙

沈没船オーナーの懸賞金 過去最高額に
魚類の船内入り防ぐ閃光灯 沈没船に設置
事故海域付近の彭木港 30日から再開

【ソウル聯合ニュース】沈没した韓国旅客船セウォル号の運航会社、清海鎮海運の実質的なオーナーとされる兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者の長女、ソムナ容疑者が27日、逃亡先のフランスで現地司法当局に検挙された。韓国法務部などが明らかにした。

 兪容疑者一族の不正を捜査している韓国検察がソムナ容疑者の旅券を無効化。国際刑事警察機構(ICPO)に要請し、「国際逮捕手配書」(赤手配書)が出されていた。

 ソムナ容疑者は経営するデザイン会社の系列会社からコンサルタント費用の名目で毎月8000万ウォン(約800万円)、総額48億ウォンを受け取っていた容疑が持たれている。この系列会社の代表はすでに起訴されている。

沈没船オーナーの潜伏先

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。