Go to Contents Go to Navigation

船体切断作業中の潜水士が死亡=韓国旅客船事故

記事一覧 2014.05.30 16:26

船体切断作業中の潜水士が死亡=韓国旅客船事故

事故海域付近の彭木港 30日から再開
沈没船オーナーの潜伏先
沈没船オーナーが潜伏していた元飲食店
魚類の船内入り防ぐ閃光灯 沈没船に設置

【珍島聯合ニュース】韓国旅客船セウォル号の沈没事故で、4階船尾の窓の一部を切断する作業を行っていた民間潜水士1人が30日午後に呼吸困難を訴え、ヘリで病院に搬送されたが、死亡が確認された。病院に運ばれた時にはすでに呼吸と意識がほとんどなかったという。

 政府の事故対策本部は29日から船体崩壊と障害物のため、捜索が不可能だった4階の船尾の一部を切断する作業を行っていた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。