Go to Contents Go to Navigation

韓国旅客船事故 現場から35キロ海上で乗客の遺体発見

記事一覧 2014.06.05 16:32

韓国旅客船事故 現場から35キロ海上で乗客の遺体発見

沈没船オーナーの逃走車両
追悼集会で市民と警察が衝突
沈没事故海域に雨 4日まで捜索中断

【珍島聯合ニュース】韓国旅客船セウォル号沈没事故の対応に当たっている政府事故対策本部は5日、事故現場に近い海上で同日発見された男性の遺体について、セウォル号の乗客だったことが判明したと明らかにした。

 対策本部によると、遺体は同日午前8時40分ごろ、現場から北西に約35キロ離れた海上で見つかった。遺体の指紋から、事故当日に船に乗っていた40代の男性であることが確認されたが、正確な身元確認のためDNA鑑定を依頼した。

 対策本部は遺体流出を防ぐため事故海域から8キロ、15キロ、60~80キロの地点に網を設置する措置を講じたが、こうした措置に不十分な点があったのではないかという疑問の声が出ている。

沈没船船長ら初公判 傍聴券の倍率3倍

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。