Go to Contents Go to Navigation

統一地方選の結果「謙虚に受け止める」=朴大統領 

記事一覧 2014.06.10 12:01

統一地方選の結果「謙虚に受け止める」=朴大統領 

京畿道知事に与党改革派
落選に肩落とす鄭夢準氏

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は10日の閣議で、4日に実施された統一地方選について、「結果を謙虚に受け止め、安全で新しい韓国をつくることに最善を尽くす」と述べた。

 朴大統領は「選挙結果についてさまざまな解釈があると思うが、今回を機に過去からの弊害をなくし、新しい韓国をつくることにまい進してほしいという国民の思いが込められていると思う」と強調した。

再選のソウル市長がVサイン

 統一地方選では主要8都市(特別・広域市)と9道の首長選で、与党セヌリ党が京畿道や仁川市、釜山市など8市・道、最大野党の新政治民主連合はソウル市や忠清エリアを中心に9市・道で勝利を収めた。

釜山市長に与党重鎮

 また、朴大統領は旅客船セウォル号事故の影響で観光など主要業種の売り上げが激減しているほか、地域で開催されるイベントも中止となり地方都市への打撃が大きいと説明。「冷え込んだ消費心理を早期に回復できなければ、生産と投資の減少につながり、景気低迷が長期化する悪循環に陥る恐れがある」として、国民に対し、日常に戻り正常な経済活動を行うよう呼び掛けた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。