Go to Contents Go to Navigation

韓国旅客船沈没 捜索進展なく不明者家族にいら立ち

記事一覧 2014.06.12 16:04

【珍島聯合ニュース】韓国の旅客船セウォル号の沈没から58日目となる12日、事故海域では行方不明者の捜索作業が続いている。しかし、8日に2人の遺体が収容されて以降、新たな不明者の発見はない。捜索現場では不明者の家族がいら立ち、潜水士との間に不協和音も生じている。

 船内の障害物が除去され新たな不明者の発見に期待がかかったが、進展はなかった。 不明者の家族の一部が民間潜水士の作業に対して不満を示すと、潜水士の一部が捜索に参加しなくなる事態も起こった。

 救助チームの関係者は、「誤解が生じたが、現在はすべて捜索作業に参加している」と伝えた。

 また一時、無人潜水装置(ROV)を投入するかや投入の時期についても、被害者家族、海洋水産部、装備業者間で立場に食い違いが出た。

 13日からは潮の流れが最も速い時期に入り、水中捜索の回数が減るため、不明者の家族のいら立ちは高まっている。

 現時点での同事故による死者は292人、不明者は12人で、救助チームは船内3階に4人、4階に8人の不明者がいると推定している。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。