Go to Contents Go to Navigation

離任の韓国大使 安倍首相に「韓日関係安定化を」

記事一覧 2014.06.13 16:25

【東京聯合ニュース】韓国の情報機関・国家情報院の次期院長に指名された李丙ギ(イ・ビョンギ)駐日大使が13日午後、離任のあいさつのため安倍晋三首相を首相官邸に表敬訪問した。

 面談は約15分間行われ、伊原純一外務省アジア大洋州局長らが同席した。

 李大使は面談後に記者団に対し、「韓日関係にはいくつかの懸案があるが、来年は国交正常化50周年を迎えるだけに、両国関係を安定させるために努力しようと呼びかけた。安倍首相も『尽力する』と答えた」と伝えた。両国間の懸案について具体的な言及はなかったという。

 李大使は10日に朴槿恵(パク・クネ)大統領から次期国家情報院長に指名され、国会人事聴聞会に向け15日に帰国する。この日午前には斎木昭隆外務事務次官と面談した。午後に行われる岸田文雄外相との面談を最後に約1年の任務を終了する。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。