Go to Contents Go to Navigation

朴大統領の支持・不支持が逆転 人事問題など影響=韓国

記事一覧 2014.06.20 12:14

【ソウル聯合ニュース】韓国の世論調査会社、韓国ギャラップは20日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の国政運営に対する不支持率が48%となり、支持率(43%)を5ポイント上回ったと発表した。先週の同じ調査と比べ不支持率が5ポイント上昇し、支持率は4ポイント下落した。

 不支持と応えた回答者がその理由に「人事問題」を挙げた割合は、先週の20%から39%と2倍近く上昇した。ギャラップは不支持が支持を上回った理由を、新首相候補に指名された文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆をめぐる人事問題と分析した。

 文氏はジャーナリスト時代に書いた保守色の強いコラムや、日本による植民地支配や南北分断を「神の意思」と発言したことが明らかになり、強い批判を浴びている。問題視される一部の発言について謝罪したが、指名は辞退しない姿勢だ。

 朴大統領の国政運営に対する支持率は今年3~4月は50%台後半を維持していたが、旅客船沈没事故後に10ポイントほど下落した。4月の最終週から先週までは40%台後半で推移し、今週さらに低下した。

 調査は今月17~19日に全国の19歳以上の男女1002人を対象に実施した。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。