Go to Contents Go to Navigation

河野談話検証で日本大使呼び抗議「信頼傷つけるだけ」=韓国

記事一覧 2014.06.23 15:25

【ソウル聯合ニュース】日本政府が旧日本軍の慰安婦問題をめぐる「河野談話」の検証結果を公表したことを受け、韓国外交部の趙太庸(チョ・テヨン)第1次官は23日に別所浩郎駐韓日本大使を呼んで抗議した。

 趙氏は「慰安婦問題の強制性は世界が認めている歴史的な真実」とした上で、「安倍政権が河野談話を毀損(きそん)すればするほど、安倍政権の信頼性と国際的な評価に傷をつけるだけだ」と強調した。日本政府が談話の作成経緯の検証を理由に、慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた河野談話を毀損したことについて強い遺憾の意を示したとみられる。

 韓国政府は日本が河野談話の作成経緯を巧妙に編集し、談話の信頼性を毀損したと判断している。

 趙氏は安倍政権が河野談話を継承すると表明しただけに、行動で見せるよう求めたとみられる。

 韓国政府は日本が河野談話の検証を機に、国際社会で慰安婦問題をめぐる世論戦を展開するとみて、対応策を検討している。国連なども報告書を通じ、数回にわたり慰安婦問題に関する日本政府の責任を認めており、国際社会に慰安婦問題の真相を伝え、日本の態度変化を促す考えだ。対応策としては、国連人権理事会などでの発言などをまとめた資料集の発刊、セミナーの開催などが検討される見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。