Go to Contents Go to Navigation

銃乱射の兵士 最も内側の包囲網で身柄確保=韓国国防部

記事一覧 2014.07.01 12:43

銃乱射の兵士 最も内側の包囲網で身柄確保=韓国国防部

銃乱射兵士逮捕へ 銃声も

【ソウル聯合ニュース】韓国北東部、江原道高城郡にある南北軍事境界線近くの陸軍部隊の見張り所で兵長が銃を乱射し逃走した事件をめぐり国防部は1日、兵長が身柄を確保された状況について、「3重の包囲網のうち最も内側にある包囲網の中で捕まった」と明らかにした。

乱射事件犠牲者の合同焼香所

 同部の金珉ソク(キム・ミンソク)報道官は同日の定例記者会見で、兵長が逃走中に捜索チームに3度遭遇したが制止されなかったとする一部報道について「(そのようなことは)発生する可能性もあるし、発生しない可能性もある」と述べた。

国軍病院へ移送される乱射兵

 また、「兵長が逃走中に別の兵士らに出くわす可能性はあるし本人がそう主張する可能性もある。(兵長と別の兵士との接触の有無を)知る術はない」と説明した。

銃乱射事件の遺族ら 葬儀実施へ

 さらに、兵長の身柄を確保する作戦過程で交戦があったかについては、兵長と捜索チームで主張に食い違いがあるため捜査で検証していく考えを示した。

 兵長は先月21日、同僚に手投げ弾を1発投げ、銃を乱射。5人を殺害、7人にけがを負わせて逃走し、同23日に身柄を確保された。

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。