Go to Contents Go to Navigation

沈没船オーナーの兄と側近2人を起訴=韓国検察

記事一覧 2014.07.02 16:54

沈没船オーナーの兄と側近2人を起訴=韓国検察

沈没事故の被害生徒ら 71日ぶり登校

【仁川聯合ニュース】沈没した韓国旅客船セウォル号の運航会社、清海鎮海運の実質的なオーナーとされる兪炳彦(ユ・ビョンオン)容疑者一家の不正について捜査中の仁川地検特別捜査チームは2日、兪容疑者の側近2人と兄を起訴したと発表した。

留任の鄭首相が涙

 起訴されたのは、兪容疑者の兄のほか、兪容疑者が創設したキリスト教系新興教団の女性信徒、兪容疑者の女性秘書とされるデザイン会社の役員。

東日本大震災被災者から真心の人形

 検察によると、兪容疑者の兄は2010年6月から今年4月まで清海鎮海運から顧問料の名目で1億3000万ウォン(約1300万円)を受け取り、業務上横領の罪で起訴された。

透明な傘が人気 安全意識向上で

 女性信徒は、沈没事故直後の4月、兪容疑者の逃亡を助けたとして、犯人隠避にあたる「犯人逃避罪」などが適用された。

 会社役員は2002年1月から今年3月まで兪容疑者一家の系列会社である出版社に対し、兪容疑者の長男に商標権使用料の名目で約18億ウォンを支払うよう指示し、横領ほう助の罪で起訴された。 

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。