Go to Contents Go to Navigation

韓国海洋警察 解体後は警察の新設局に編入か

記事一覧 2014.07.07 14:57

韓国海洋警察 解体後は警察の新設局に編入か

留任の鄭首相が涙

 【ソウル聯合ニュース】旅客船セウォル号沈没事故をめぐる対応に不手際があったとして解体が決まった韓国海洋警察庁から一部の業務を引き継ぐ警察に、海事局が新設される見通しとなった。

東日本大震災被災者から真心の人形

 李晟漢(イ・ソンハン)警察庁長は7日の記者懇談会で、海洋警察から引き継ぐ捜査・情報の取り扱いについて、「内部的に海事局を新設する案を中心に協議している」と述べた。

国政調査で宣誓する海洋水産部長官

 李庁長は「海洋業務の専門性を考慮すれば、海洋警察の捜査、情報の組織を分散して警察の情報、捜査局が個別に吸収するより、別途に海事局を新設するのが望ましいと考えている」と語った。

透明な傘が人気 安全意識向上で

 海事局が設置されれば傘下には海洋情報課、海洋捜査課などが入ると予想される。

 朴槿恵(パク・クネ)大統領は5月19日、セウォル号沈没事故をめぐる国民向け談話を発表し、60年以上の歴史を持つ海洋警察庁を解体するとした。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。