Go to Contents Go to Navigation

中国と一線? 韓国「日本への対応は各国が判断」

記事一覧 2014.07.08 16:33

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は8日の定例会見で、日本の歴史認識問題に関する中国との連携について、「韓国と中国は日本の軍国主義による侵奪という同じ歴史を共有している」と説明。その上で「同じ歴史を共有しているため、同じ認識を持つしかないが、それに対する対応は各国の立場、判断によって行われると思う」と述べた。

 韓中首脳会談の共同声明付属書で両国が旧日本軍の慰安婦問題の共同研究を進めるとしたことに関しては、「軍慰安婦の実情に関するより正確な資料を入手するという次元で実施されるもの」と説明した。

 慰安婦問題などを話し合う韓日局長級協議の日程については「具体的な内容が決まれば明らかにする」と述べるにとどめた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。