Go to Contents Go to Navigation

<芸能>NHK総合で韓国ドラマ放送 2カ月ぶり

記事一覧 2014.07.21 18:47

【東京聯合ニュース】2012年に韓国MBCで放送され大きな人気を集めたドラマ「太陽を抱く月」が13日から日本のNHK総合で毎週日曜午後11時に放送されている。

 NHK総合で韓国ドラマが編成されるのは2カ月ぶり。昨年1月から同じ時間帯でMBCドラマ「トンイ」が放送され今年5月初めに終了した。

 ただ、「トンイ」の放送終了後、NHKと民放キー局のテレビ朝日、日本テレビ、TBS、フジテレビの5大地上波放送から韓国ドラマが姿を消し、韓日関係悪化に伴う日本国内での韓流の危機を象徴しているとの指摘が出ていた。

 人気俳優キム・スヒョン主演の「太陽を抱く月」はNHKの衛星放送、BSプレミアムでは昨年放送されたのに続き、今年5月から再放送中だ。

 駐日韓国文化院関係者は21日、「昨年BSプレミアムで放送されたときは2%台のまずまずの視聴率を記録したため、地上波でも成功すると判断したようだ。海外の韓流ブームをリードする『キム・スヒョン効果』も期待される」と話している。

hjc@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。