Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮の潜水艦保有隻数は78隻 米国上回り世界トップ

記事一覧 2014.07.28 10:44

【ワシントン聯合ニュース】北朝鮮が78隻の潜水艦もしくは潜水艇を保有し、72隻の米国を上回り保有隻数で世界1位であることが分かった。

 米経済ニュース専門サイトのビジネスインサイダーが27日(現地時間)、軍事力評価機関「グローバル・ファイヤーパワー(Global Firepower)」の資料を基に集計結果として発表した。

 それによると、潜水艦を多く保有する国は米国に次いで中国(69隻)、ロシア(63隻)、イラン(31隻)の順となった。

 韓国と日本の潜水艦保有隻数はそれぞれ14隻、16隻。

 だが、この集計は潜水艦の規模や運用目的別に分類したものではなく、単純に保有隻数を示したものだ。

 ワシントンの軍消息筋は、「米国やロシアの原子力潜水艦はパワーバランスという戦略的目的を持って運用されているが、北朝鮮の潜水艦は主に韓国に工作員を侵入させたり、戦線後方をかく乱するために運用されている」と説明。その上で、隻数も重要だが安保環境も考慮すべきだと指摘した。

 軍事専門サイト「グローバル・セキュリティー」は、北朝鮮の潜水艦保有隻数は昨年基準で78隻以上と推定している。ここには少なくとも8隻とされる侵入用半潜水艇も含まれる。 

sjp@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。