Go to Contents Go to Navigation

国会議員再・補選 与党が圧勝=韓国

記事一覧 2014.07.30 23:41

【ソウル聯合ニュース】韓国国会議員の再・補欠選挙は30日に投開票され、15選挙区中、与党セヌリ党が11カ所、最大野党・新政治民主連合は4カ所で当選を確実にし、与党の圧勝となった。

 今回の再・補欠選は過去最大の規模で実施された。「ミニ総選挙」と位置づけられ、今後の朴槿恵(パク・クネ)政権への中間評価とされた。当初は旅客船セウォル号沈没事故や相次ぐ閣僚人事の失敗などで与野党の接戦が予想されていた。

 焦点のソウル・銅雀乙ではセヌリ党の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)候補が野党一本化候補の魯会燦(ノ・フェチャン)氏を制した。首都圏の6選挙区中に5カ所と、7月30日の地方統一選で野党に完敗した中部の忠清道と大田でも与党が勝利した。全羅南道の順天・谷城では1988年以降、初めてセヌリ党候補が当選した。

 国会議員300議席中、セヌリ党は147席から158席となり、再び過半数を占めるようになった。新政治民主連合は126席から130席となった。

 新政治民主連合が惨敗した背景には党執行部の無理な公認候補擁立などがあるとみられる。金ハンギルと安哲秀(アン・チョルス)両代表に対する責任論も浮上する見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。