Go to Contents Go to Navigation

サムスンの冷蔵庫 ドイツ団体調査で1位

記事一覧 2014.08.03 12:27

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は3日、同社の2ドア冷蔵庫BMF(Bottom Mounted Freezer)がドイツの商品テスト財団(Stiftung Warentest)の実施した性能評価で1位に選ばれたと発表した。

 同財団発行の消費者情報誌「テスト」8月号で世界のメーカーの製品15台のうち最高点を獲得した。

 食品の種類に応じて最適な温度で新鮮に保存できる機能や、霜をつきにくくする機能などが高く評価されたという。

 同財団は1964年にドイツ政府が設立した製品検査機関で、家電や食品、化粧品など約2000品目に対する試験の結果を公表している。

 2000年以降でドイツメーカー以外の外国メーカーの製品が1位に選ばれるのは初めてという。

 昨年欧州で発売された同製品は、英国の消費者団体雑誌「Which?」など7カ国の消費者情報誌で1位に選ばれている。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。