Go to Contents Go to Navigation

河野談話から21年 市民団体が日本大使館前で抗議

記事一覧 2014.08.04 16:09

【ソウル聯合ニュース】慰安婦問題で旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の発表から21年となった4日、「太平洋戦争犠牲者遺族会」などの市民団体がソウルの日本大使館前で記者会見を行い、日本政府が談話の検証結果を公表したことを非難した。

 市民団体のメンバーらは「安倍政権が河野談話検証に乗り出し、談話の信頼性と被害者の名誉を傷つけている」と批判。安倍政権に慰安婦問題など戦時中の強制動員問題の早期解決を求めた。

 記者会見後には河野談話発表に先立ち日本政府が聞き取り調査を行った元慰安婦の被害者16人のうち、すでに亡くなった14人対する追悼式が行われた。

ikasumi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。