Go to Contents Go to Navigation

慰安婦関連の名称変更は社会的合意必要=韓国外交部

記事一覧 2014.08.07 17:03

【ソウル聯合ニュース】韓国国立国語院が「慰安婦をまつる碑」の名称を「従軍犠牲女性の追慕碑」などへ変更するよう勧告したことについて、外交部は7日、「社会的に合意が必要な事案」との立場を明らかにした。

 韓恵進(ハン・ヘジン)副報道官は定例会見で外交部の立場を問われ、「慰安婦をまつる碑自体、市民社会が主導しており、政府の主導ではない。関連団体や被害者のハルモニ(おばあさん)らの意見を重視すべき面もある」と答えた。

 また、「日本軍慰安婦被害者」の名称変更について、「国際的、また国内的に使われるものは、それなりに苦心した末にそのように表現しているという点に触れておきたい」と話した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。