Go to Contents Go to Navigation

現代自 米当局から罰金18億円=リコールの対応遅れ  

記事一覧 2014.08.08 09:26

【ソウル聯合ニュース】現代自動車が米国で高級セダン「ジェネシス」のブレーキ装置の不具合を顧客に速やかに知らせなかったとして、1735万ドル(約17億7000万円)の罰金を支払うことになった。米道路交通安全局(NHTSA)が7日(現地時間)、ホームページ上で発表した。

 それによると、現代は2009年から2012年までに生産したジェネシスについて、制動装置のアンチロックブレーキシステム(ABS)に入るブレーキオイルが腐食しブレーキの性能低下や衝突の恐れが増すことを2012年に認識していた。しかし、ディーラーにブレーキオイルの交換を指示しただけで、潜在的な危険性など十分な情報を顧客に知らせなかった。米政府が調査に着手したことから、現代は昨年10月、ようやくリコール(無償回収・修理)を実施したという。リコール対象は2009~2012年に生産され米国で販売された計4万3500台。

 米連邦法は、自動車メーカーが安全にかかわる不具合を発見した場合は5日以内にNHTSAに報告するよう定めている。

 NHTSAによると、この不具合による死者はいないが、6人の運転者が衝突事故に遭ったと報告されている。このうち2人がけがをした。また、今年1月までに寄せられたジェネシス関連の苦情は87万件で、そのほとんどがブレーキに関する問題だった。

 現代は罰金の支払いと、安全にかかわる不具合を適宜報告、通知する過程の改善に同意したという。

 一方、ロイター通信の報道によると、現代の米国法人社長は声明を通じ、当該不具合のある車両はほとんどが修理を終えており、今後安全が懸念される問題には直ちに対応していくと表明した。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。