Go to Contents Go to Navigation

韓日外相会談 韓国長官「歴史に対し真剣な姿勢を」

記事一覧 2014.08.09 22:10

【ネピドー聯合ニュース】東南アジア諸国連合(ASEAN)地域フォーラム(ARF)閣僚会議などに出席するためミャンマーを訪問中の韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は8日、同国の首都ネピドーで日本の岸田文雄外相と会談した。尹長官は会談の冒頭で、日本が歴史問題に真剣に向き合うよう促した。

 韓日外相の会談は昨年9月に国連で行われて以来で、今年初めて。尹長官は現在の両国関係の困難さに言及した上で、「(日本が)歴史問題に対し真剣な姿勢を見せれば、国民も心を開き、問題は少しずつ解消していくだろう」と述べた。

 また日本の政治指導者の靖国神社参拝や歴史認識についての発言のほか、河野談話の検証強行や検証結果を公表したことなどについて懸念を示した。さらに日本国内での嫌韓デモやヘイトスピーチ(憎悪表現)が両国関係を悪化させていると指摘した。

 来年、両国が国交樹立から50年を迎えることにも触れ、「韓日関係が暗いトンネルを抜けられるよう、日本の政治指導者は知恵と政治力を発揮してほしい」と呼びかけた。

 岸田外相は、良好な関係が両国の相互利益になるとの認識を示した上で、両国関係進展のために率直な意見交換をしたいと述べた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。