Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 サイバー危機警報を1段階引き上げ 

記事一覧 2014.08.11 15:50

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は11日午前10時からサイバー危機警報を「正常」から「関心」にレベルを1段階高めた。光復節(15日、日本による植民地支配からの独立記念日)に発生することが予想される日本からのサイバー攻撃や、18~21日に実施される韓米合同軍事演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)中の同攻撃に備えた措置という。

 サイバー危機警報は最も低い「正常」から「関心」、「注意」、「警戒」、「深刻」の5段階からなる。

 政府は不正プログラムによる被害を受けないよう、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」やセキュリティープログラムなどを最新バージョンにアップデートするよう勧告した。

 また、発送相手が不明なメールや安全性が確認されていないウェブサイトにより感染被害を受けないよう注意を呼びかけた。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。