Go to Contents Go to Navigation

くず鉄から放射性物質検出 日本からの輸入品=韓国

記事一覧 2014.08.11 17:34

【ソウル聯合ニュース】韓国原子力安全委員会は11日、日本から7日に輸入されたくず鉄20トンから放射性物質のセシウム137が検出された、と明らかにした。

 くず鉄の表面放射線量率は最大1時間あたり0.00532ミリシーベルトで、これはエックス線写真の撮影時における放射線量(0.1ミリシーベルト)の約20分の1になる。

 同委員会は直ちに専門家を派遣。汚染物質を確認した後に隔離保管し、輸出国に返送するよう輸入業者に指示した。表面放射線量率が1時間あたり0.001ミリシーベルト以上のくず鉄は返送の対象となる。 

 同委員会は生活周辺放射線安全管理法が施行された2012年7月以降、輸入貨物を監視するため、主な港湾に放射線監視機器を設置し、放射性物質に汚染されたくず鉄などの国内流入を防いでいる。

 同委員会関係者は「港湾に監視機器を設置した後、汚染されたくず鉄の国内流入が遮断され、国民の放射線安全度が高まった事実が立証された」と評価した。

 同委員会は同様の事例の再発を防ぐため、くず鉄輸入業者に検査の強化を促す一方、日本政府に対しても放射性物質の国家間移動防止のため、情報共有など協力を要請する予定だ。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。